経営体制固めるサムスン トップ判決控え、安定と技術力で

韓国のサムスン電子が安定した経営体制づくりに着手した。成長が鈍化するスマートフォン事業部には社長職を新たに設置。51歳のエンジニア出身者を起用することで技術力の向上を図る。一方、主力分野を率いる取締役3人は、留任となった。副会長の李在鎔(イ・ジェヨン)氏が贈賄罪…

関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(21日正午) 韓国の感染者156人に、3日間で5倍(16:35)

オフショアで新ガス田発見 韓ポスコ、商業生産見込む(02/21)

大企業が軒並み営業減益 市況悪化、新型肺炎で追い打ちも(02/21)

テイクオフ:1人の大蔵省(現財務省…(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(02/21)

新型肺炎で国内初の死者、感染者104人に(02/21)

韓国KB国民銀、外銀免許取得の準備を推進(02/21)

感染拡大の大邱、政府に緊急支援を要請(02/21)

SK社員が肺炎患者接触、800人自宅待機に(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン