• 印刷する

商船三井ロジ、現法が陸送と通関事業を開始

商船三井ロジスティクスのタイ現地法人MOLロジスティクス・タイランド(MLGタイ)は、1月から事業内容にタイ国内のトラック輸送と通関業務を加え、総合物流サービスを強化した。両事業はこれまで商船三井のタイ現地法人MOLタイが担ってきたが、MLGタイに集約することで、国際・国内物流を結ぶストレスフリーのサービス提供を図る。

MLGタイは1993年設立。これまで国際航空・海上フォワーディングを中心に物流サービスを手掛けてきたが、急速に変化する顧客ニーズに合わせ、総合物流サービスのメニュー拡充と品質向上が必要と判断した。MOLタイが培ってきたタイ国内物流と通関の専門性の高いノウハウや人材をMLGタイに結集。タイにおける商船三井グループで唯一の総合ロジスティクスプロバイダーとなった。

新たな事業の追加により、MLGタイの従業員数は、昨年末時点の200人から3倍の約600人に拡大した。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先週末、首都バンコクで…(09/22)

日本発の外国人専用便が増加 10月は週3便、予約状況に余裕も(09/22)

【日本の税務】勤務期間が短縮された場合の取扱い(09/22)

8月の6空港利用者、78.7%減の257万人(09/22)

国営長距離バス、旧南ターミナルに復帰計画(09/22)

19年度タマネギ輸出、10万トン超で過去最高(09/22)

トラベル・バブル、行動範囲制限する国も(09/22)

Hセム、CLMV諸国に電動二輪売り込み(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン