アパレルI.T、香港・マカオの減収続く

香港のアパレル小売大手I.Tは17日、第3四半期に当たる2019年9~11月の香港・マカオ市場の既存店売上高(現地通貨ベース)が前年同期比33.3%減少したと発表した。社会的混乱とそれに伴うインバウンド旅客の減少が響いた。 このほかの既存店売上高も、中国本土市場が5.2%減、…

関連国・地域: 中国香港マカオ日本米国
関連業種: 繊維小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新たに8人がコロナ感染、累計5088人に(09/30)

イオンクレアジア、中間決算は2割減益(09/30)

NSW政府、クラウンにカジノ取消で賠償約束(10/01)

テイクオフ:「キッチンの仕事を見つ…(09/30)

政府の官有地売却収入が低迷 入札不調続く、財政に影響も(09/30)

コロナ対策「おおむね維持の方向」、林鄭氏(09/30)

コロナ感染対策、ほぼ現行のまま延長=政府(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン