《安全》肺炎患者と10日前後生活か、新型発症の男性

【共同】新型のウイルス性肺炎を発症した神奈川県に住む中国人男性が、中国湖北省武漢市に滞在していた年末年始に、肺炎を発症した人と10日前後、一緒に暮らしていたことが17日、厚生労働省への取材で分かった。 この人がいつから肺炎になったのかや、新型の肺炎だったのかどうか…

関連国・地域: 中国-湖北
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

中ASEAN特別外相会議、きょう開催(02/20)

企業救済へ社会保険料を免除 最大5カ月、雇用悪化に危機感(02/20)

中台間の航空貨物運賃が急騰 従来比7倍も、新型肺炎の減便で(02/20)

政府、中国との観光客の往来禁止を検討(02/20)

新型肺炎の感染、20人急増 経路つかめず、大邱に不安広がる(02/20)

【アジアの本棚】『アリババ ――世界最強のスマートビジネス』(02/20)

新型コロナ、航空各社が中国便など消毒徹底(02/20)

旅客数、2月中旬は98%減 ホテル業界、人員削減が本格化(02/20)

地方をリスクで分類、正常化への対応差別化(02/20)

大型行事の延期相次ぐ、新型肺炎拡大で(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン