《安全》肺炎患者と10日前後生活か、新型発症の男性

【共同】新型のウイルス性肺炎を発症した神奈川県に住む中国人男性が、中国湖北省武漢市に滞在していた年末年始に、肺炎を発症した人と10日前後、一緒に暮らしていたことが17日、厚生労働省への取材で分かった。 この人がいつから肺炎になったのかや、新型の肺炎だったのかどうか…

関連国・地域: 中国-湖北
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先週末に開幕した北京モ…(09/28)

北京モーターショー開幕 日系各社、新EVや事業戦略発表(09/28)

日中首脳が電話会談、関係発展を重視(09/28)

台湾企業のノートPC出荷、20年は8%増へ(09/28)

韓国の衣料企業、中国から靴生産移転(09/28)

工業企業利益、1~8月は4.4%減(09/28)

投資認可額、上半期は30%減の648億リンギ(09/28)

AD関税引き上げ、日本の光ファイバー母材(09/28)

20年成長率はマイナス7%、経済団体予測(09/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン