• 印刷する

三菱日立PS、国営発電会社の支援で覚書

三菱日立パワーシステムズ(MHPS、横浜市)は17日、ベトナム国営の発電会社「第3発電総公社(EVNGENCO3)」と、発電所の運転・保守(O&M)の支援と技術者の能力向上トレーニングを実施する覚書を交わしたと発表した。同社はベトナムの総発電設備容量の12%を担う。両社は共に、火力発電所の新技術の研究・開発を進めていく。

中部クアンナム省ホイアン市で12日、グエン・スアン・フック首相の立ち合いの下、MHPSの河相健社長とEVNGENCO3のディン・クオック・ラム社長が覚書に調印した。MHPSは、ボイラーなど発電所機器の性能強化を支援しつつ、発電所の運転要員とメンテナンス要員の能力開発を実施する。

河相氏は「EVNGENCO3と長期的かつ戦略的なパートナーシップを構築する」と説明した。MHPSは、EVNGENCO3傘下で南部バリアブンタウ省にある「フーミー1ガス火力発電所」に機器を供給した実績がある。

EVNGENCO3は国営ベトナム電力グループ(EVN)傘下で、2012年設立。総発電設備容量は640万キロワット(kW)となっている。

MHPSとベトナムの第3発電総公社のトップが覚書を交わした=12日、バリアブンタウ省(MHPS提供)

MHPSとベトナムの第3発電総公社のトップが覚書を交わした=12日、バリアブンタウ省(MHPS提供)


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

1~3月GDP、東南ア各国で急ブレーキ(03/30)

GDP成長率、1Qは3.8% リーマンショック以来の減速に(03/30)

新型コロナ感染者188人、ハノイの病院閉鎖(03/30)

和碩の19年純益、前年比7割に=4Q好調(03/30)

日本、東南ア7カ国からの入国制限を強化(03/30)

3月の輸出額、12.1%減の200億ドル(03/30)

3月のCPI上昇率は4.87%、前月から減速(03/30)

1~3月の鉱工業生産、5.8%上昇(03/30)

コメなどまた買い占め、スーパーが販売制限(03/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン