【グラフでみるASEAN】輸出額(11月)5カ国でマイナス成長、ベトナムは好調

東南アジア諸国連合(ASEAN)の11月の輸出額は主要6カ国中、ベトナムを除く5カ国で前年同月を下回った。フィリピンがマイナス成長に転じた。下落幅が最も大きかったのはタイで、7%減の196億5,700万米ドル(約2兆1,400億円)だった。一方、ベトナムは5%増の227億9,300万…

関連国・地域: タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(17日正午) 中国本土の感染者は7万人超に(02/18)

テイクオフ:新型肺炎の感染が拡大す…(02/18)

輸出が再びマイナス成長 新型肺炎、今後の重しに(02/18)

通年の輸出額、3年ぶりマイナス成長に(02/18)

オンライン中古車販売のカーロ、卸売に参入(02/18)

経済成長率見通し1P引き下げ、肺炎拡大で(02/18)

累計77人、新たに2人(17日正午)(02/18)

中国渡航者は完全外出禁止、19日から(02/18)

保険3社、新型肺炎の保障を無償提供(02/18)

ホテル稼働率5割以下、新型肺炎で(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン