日本企業、警戒解かず=米中対立長期化を覚悟

【共同】米中両政府が貿易協議の「第1段階」合意に署名したことを受け、日本の経済界は16「日「対立緩和への第一歩。先行き不安の払拭に大きく寄与する」(中村邦晴・日本貿易会会長)などと歓迎の声明を発表した。ただ多くの企業は米中対立の長期化を覚悟し、警戒を解いていない…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:上海地下鉄2号線の一部…(01/22)

小売各社、春節商戦を本格化 中国から37万人が訪タイの見通し(01/22)

ムーディーズ、香港を格下げ 「統治力不足」指摘、政府は反発(01/22)

海外からの投資が過去最高 対外投資は8%減、企業移転は否定(01/22)

「中国生産にまだ優位性」、新金宝董事長(01/22)

プロトン、20年販売目標は3割増の13.2万台(01/22)

雲南省系企業、低中所得者向けコンド開発へ(01/22)

新型肺炎、保健省が渡航者に注意呼び掛け(01/22)

新型肺炎は人から人に感染、死者6人に(01/22)

政府高官、武漢肺炎の香港流入を警戒(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン