• 印刷する

セルトリオン、中国にバイオ医薬品工場

韓国バイオ医薬品大手のセルトリオンが、中国にバイオ医薬品の新工場(年産能力12万リットル)を建設する。米サンフランシスコで15日(現地時間)に開かれた投資イベント「JPモルガン・ヘルスケア・カンファレンス」で、同社の徐廷珍(ソ・ジョンジン)会長が明らかにした。

工場新設に向けた中国当局との交渉は最終段階で、「まもなく投資の詳細を発表できる」とした。同時に、中国で発売する商品ラインアップを2030年までに16種類に増やす計画も明らかにした。

セルトリオンは17年5月に中国国家食品薬品監督管理総局からリウマチ関節炎治療「レミケード」のバイオ後続品(バイオシミラー)の臨床試験認可を取得し、臨床試験を進めている。中国で外国企業がバイオシミラーの臨床試験認可を取得したのは、セルトリオンが初めて。

セルトリオンはまた、世界で400億米ドル(約4兆4,000億円)規模の糖尿治療薬市場にも進出すると発表した。糖尿病治療に用いられるインシュリンのバイオシミラー開発も本格化する。

セルとリオンの徐廷珍(ソ・ジョンジン)会長がバイオ医薬品事業のロードマップを提示。中国での新工場建設など投資を加速させる(同社提供)

セルとリオンの徐廷珍(ソ・ジョンジン)会長がバイオ医薬品事業のロードマップを提示。中国での新工場建設など投資を加速させる(同社提供)


関連国・地域: 中国韓国
関連業種: 医療・医薬品化学マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

サムスン、QD有機ELの専門部署を新設(17:59)

起亜自動車、19年の営業益73.6%増(17:20)

車用プラ有機ELパネル、LGDが量産開始(18:26)

ローツェが追加受注、サムスンへパネル装置(17:20)

現代商船が4月にも社名変更へ(17:19)

【NNA景気指数】ベトナム 2020年第1四半期予測(01/27)

起亜自、新興国では内燃機関車に軸足(01/27)

シャープ有機ELテレビ、LGのパネル採用(01/27)

【NNA景気指数】タイ 2020年第1四半期予測(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン