• 印刷する

テイクオフ:日本から持ち帰ったもの…

日本から持ち帰ったものを開けていると、ゴミ箱がいっぱいになる。日本はいかに包装が多いかが、分かる。でもありがたい部分もあるのはプラスチック袋の存在だ。

オーストラリアの大手スーパーで2018年に使い捨てプラスチック袋の廃止が始まって約1年半、そろそろわが家の可燃ゴミを捨てるための袋が尽きかけようとしていた。服を買った際の袋で代用したり、乾いたゴミは紙袋を代用したりと、ゴミ袋だけはわざわざ買うまい、とここまでやってきた。

日本も雑貨屋やホームセンターなどではプラスチック袋をまだ配布しているところが多く、今回ばかりはそれが少しありがたかった。

ただ中国のゴミ輸入禁止に伴い、日本も今年7月からレジ袋の有料化が義務付けられるという。今度は何を使ってゴミを捨てようか、わが家のゴミ問題も深刻だ。(花坊)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オージーの友人からの何…(02/19)

豪の税制度、過去10年で悪化 キャッシュフロー課税案も(02/19)

中国軍事基地の建設疑惑、否定する報道も(02/19)

自動車5社、CEPA批准で豪に参入検討(02/19)

社員駐車場の税優遇、査定を正確に=専門家(02/19)

〔政治スポットライト〕豪仏国防相、次期潜水艦で3カ月ごと会議(02/19)

政府、給与過少払いへの罰則を強化へ(02/19)

豪政府、新型ウイルス研究に200万$支援へ(02/19)

〔政治スポットライト〕スポーツ補助金、43%は不適格=ANAO(02/19)

ウールワース、革新企へ投資で新規収益確保(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン