• 印刷する

テイクオフ:日本から持ち帰ったもの…

日本から持ち帰ったものを開けていると、ゴミ箱がいっぱいになる。日本はいかに包装が多いかが、分かる。でもありがたい部分もあるのはプラスチック袋の存在だ。

オーストラリアの大手スーパーで2018年に使い捨てプラスチック袋の廃止が始まって約1年半、そろそろわが家の可燃ゴミを捨てるための袋が尽きかけようとしていた。服を買った際の袋で代用したり、乾いたゴミは紙袋を代用したりと、ゴミ袋だけはわざわざ買うまい、とここまでやってきた。

日本も雑貨屋やホームセンターなどではプラスチック袋をまだ配布しているところが多く、今回ばかりはそれが少しありがたかった。

ただ中国のゴミ輸入禁止に伴い、日本も今年7月からレジ袋の有料化が義務付けられるという。今度は何を使ってゴミを捨てようか、わが家のゴミ問題も深刻だ。(花坊)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナの第2波に備…(08/04)

メルボルンで夜間外出禁止令 VIC州、コロナで災害事態宣言(08/04)

NSWがマスク推奨、TASは強制隔離義務(08/04)

豪NZ間の渡航、VIC抜きで年内再開も(08/04)

大林の豪JV、アトラシアンビル設計技術協力(08/04)

経営共創基盤、メルボに支店設置で豪NZ視野(08/04)

NSWメトロウエスト、ピアモント駅が濃厚(08/04)

パース空港鉄道、工事順調も利用者確保に問題(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン