• 印刷する

テイクオフ:シンガポールには2つの…

シンガポールには2つのカジノ統合型リゾート(IR)がある。湾岸部のマリーナ・ベイ・サンズ(MBS)と南部セントーサ島にあるリゾート・ワールド・セントーサ(RWS)だ。

日本でも2018年、カジノ実施法案が成立。最大で国内3カ所にIRが開設されることになった。先送り論なども出ており先行きは不透明だが、個人的に最も心配しているのは、開設された後の依存症だ。訪日客が増えるのはうれしい一方で「一度はまってしまうとやめられない」というのは恐ろしい。

かくいう自身も最近、スーパーで見つけたヨーグルトにはまってしまった。実はオーストリアの大学に留学していた時にも、現地のこってりしたヨーグルトにはまって激太りした経験がある。今回もこのままではまずい。分かっていながらも「一度はまってしまうとやめられない」。依存症は恐ろしい。(真)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型肺炎拡大の影響が各…(02/26)

(表)世界の新型肺炎感染者数(25日正午) 韓国の感染893人、中国に次ぐ感染国に(02/26)

経過観察違反で19者を処分 肺炎対策、労働ビザ剥奪6人(02/26)

【ダイヤモンド・オンライン】AirPods危機!新型肺炎でアップルの超ヒット商品が入手困難になる理由(02/26)

累計91人、新たに1人(25日正午)(02/26)

韓国の大邱・清道から、入国制限へ(02/26)

肺炎感染者多い2教会、関係性解明(02/26)

テマセクが昇給凍結、新型肺炎問題支援で(02/26)

シンガポール航空、新型肺炎で追加減便(02/26)

外食ブレッドトーク、TOBで上場廃止へ(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン