• 印刷する

ハイフォン市、19年のGRDP成長は16.7%

ベトナム北部ハイフォン市の2019年の域内総生産(GRDP)成長率は16.68%で過去最高を記録した。14日、同市の国内外企業300社以上を集めて開催した会議で、市人民委員会のグエン・バン・トゥン主席が発表した。同日付ベトナム・ニュース(VNS)電子版が伝えた。

トゥン主席は会議で、昨年のハイフォン市の社会経済動向を振り返り、19年も有望な投資先として、順調な経済成長を遂げたなどとアピールした。大型投資案件としては、地場コングロマリット(複合企業)ベトナム投資グループ(ビングループ)傘下のビンファストの自動車製造工場(35億米ドル=約3,850億円)やドーソン・ゴルフリゾート(9,100万米ドル)、BRGグループが出資したヒルトンホテル(4,310万米ドル)などがあった。

同市のGRDPは13年以降、右肩上がりで伸び続け、全国1位だった昨年の16.27%を上回る好成長を記録した。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

越で増える新興ヘルステック 「Med247」、医療の改善に一役(01/22)

南北高速道路の東路、土地収用の目標未達(01/22)

空港の民間出資制限、運輸省に他省庁が反発(01/22)

タカラレーベン、越に現地法人設立(01/22)

19年リゾート不動産、コンドテル人気に影(01/22)

キンバック、ハノイの大型開発を買い戻し(01/22)

建設資材ビコストーン、19年は25%増益(01/22)

歯科器材の松風、ハナム省に製造拠点(01/22)

HCM市、2月から電子納税システム導入へ(01/22)

林産品輸出、20年は215億米ドル超を目標(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン