• 印刷する

中国の「限韓令」解除か、交流活性化へ

中国の習近平国家主席が今年中に訪韓することが予想される中、中国政府による韓流コンテンツや韓国企業への圧力「限韓令」が解除される可能性が高まっている。15日付韓国経済新聞が伝えた。

2019年12月には中国の健康食品会社、溢涌堂の社員約5,000人が韓国を訪問したほか、今年は計3,500人規模の韓国への修学旅行も予定されている。観光業界だけでなく、航空業界や免税店業界、17年以降中国での新規サービスが中断しているゲーム業界、エンターテインメント業界なども、圧力が解除されれば恩恵は大きい。

中国政府は2017年3月、米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備決定を受けた報復措置として「限韓令」を発令。訪韓中国人の激減や中国国内での韓流コンテンツの制限、韓国企業への圧力などで大きな打撃となっていたが、18年からは徐々に圧力を弱めている。ただし、依然としてオンラインでの韓国旅行商品の販売は禁じられたままだ。


関連国・地域: 中国韓国
関連業種: 運輸小売り・卸売り観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国の20~40代を中…(01/22)

小型セダン「オーラ」投入 現代自、来年度は1桁成長見通し(01/22)

カカオが韓進KALに出資 趙会長に有利な議決権行使か(01/22)

社外取締役は最長6年、商法改正案が可決(01/22)

新型肺炎、保健省が渡航者に注意呼び掛け(01/22)

地場建設と現代、スポーツ施設建設で提携(01/22)

12月の生産者物価、6カ月ぶり上昇(01/22)

トヨタ、韓国で「GRスープラ」発売へ(01/22)

サムスン、エアコン市場でトップ2視野(01/22)

現代自、中国で燃料電池車生産へ(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン