• 印刷する

メガワールド、セブで20階建て住宅建設へ

フィリピンの不動産開発大手メガワールドは14日、セブ島のラプラプ市で開発を手掛ける複合施設「マクタン・ニュータウン」内で、5カ所目の分譲マンション「パール・グローバル・レジデンシズ」を開発すると発表した。売り上げは23億ペソ(約50億円)を見込んでいる。

完成は2025年を予定している。20階建てで、総戸数は222戸。ニュータウン全体の住宅戸数は1,836戸に増加する。ワンルームから3ベッドルームまでの各タイプに、最大116平方メートルのベランダが付くほか、プールやトレーニングジム、屋外ラウンジ、子どもの遊び場、コワーキングスペースなどの共用施設を備える。

ニュータウンには、既に4カ所10棟のタワー型マンションがある。オフィスビルも5棟あり、床面積は約8万1,000平方メートルに上っている。昨年には初のホテルも開業した。

ほかにもメガワールドは、海岸沿いにショッピングモール「マクタン・ニュータウン・ビーチウォーク」を建設すると発表した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

外出制限、段階解除か 経済優先、感染防止策は維持(04/03)

【BOPビジネス解剖】走り出した政府との電力事業 起業家の挑戦(下)電化100%へ(04/03)

食料品店は12時間営業を、大統領府(04/03)

比、7歳女児が死亡(04/03)

新型コロナ感染者2633人に、死者は107人(04/03)

仮設の隔離施設、12日までに3カ所完成(04/03)

3月PMIは低下、下落幅は東南アで最小(04/03)

マカティ市の病院が遠隔診療、ペイマヤと提携(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン