昨年のオフィス供給、首都CBDは伸び悩み

米不動産総合サービス会社コリアーズ・インターナショナルによると、インドネシアの首都ジャカルタの中央商業地区(CBD)で、2019年に供給されたオフィスの総延べ床面積は前年比3.7%増の666万平方メートルだった。19年に建物が完成し新規供給されたのは4棟にとどまり、延べ…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

二輪車の電子取り締まり、2月から試験運用(14:05)

国営スズ、バンカブリトゥン州に製錬所建設(16:50)

20年の自動車と部品輸出額、13%増を目標(16:49)

資源ブミ、石炭ガス化事業に20億米ドル計画(16:48)

19年生保の最終損益、赤字が4倍に拡大(15:36)

テイクオフ:当地で歌手やタレントと…(01/23)

19年はエクスパンダーが首位 生産台数、トヨタのアバンザ抜く(01/23)

<資料>2019年の車種別生産台数(01/23)

ホンダ二輪、19年の完成車輸出は66%増(01/23)

ガルーダ航空が取締役刷新、現政権で4回目(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン