昨年のオフィス供給、首都CBDは伸び悩み

米不動産総合サービス会社コリアーズ・インターナショナルによると、インドネシアの首都ジャカルタの中央商業地区(CBD)で、2019年に供給されたオフィスの総延べ床面積は前年比3.7%増の666万平方メートルだった。19年に建物が完成し新規供給されたのは4棟にとどまり、延べ…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

エネ鉱省、年内の電気料金据え置きを決定(21:21)

EUをWTOに提訴へ、反パーム油運動で(20:59)

ウクライナ企業、インドネシア進出に関心(21:45)

首都を走る自家用車、コロナ前の水準に回復(21:04)

マスクや防護服、30億枚以上の輸出が可能(21:50)

東南ア、入国制限の緩和検討 日本からの渡航本格化には時間(07/02)

テイクオフ:1,000ルピア(約7…(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン