家族需要でMPVの販売拡大、19年は35%増

ファミリーカーとしての個人消費者需要の増加により、インドで多目的車(MPV)の販売が拡大している。ほとんどのセグメントが縮小するなか、2019年のMPVの販売台数は前年比35%増の22万台だった。エコノミック・タイムズ(電子版)が14日伝えた。 販売拡大に伴い、市場シェ…

関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「カシミールに渡航中の…(01/21)

勢いづくソーシャルコマース 4億人の新市場、形態さまざま(01/21)

サムスン、印ディスプレー工場に5億ドルか(01/21)

印GDP、華為排除で最大280億ドル減少(01/21)

GMO、IIT2校目の研修生受入れを開始(01/21)

石化産業の新南向展開を、政府が推進(01/21)

HCL、10~12月期は13%増益(01/21)

複合ケッペル、印の廃棄物発電に技術提供(01/21)

起亜自、22年に30万台の工場フル稼働へ(01/21)

MGモーター「ZS」の予約数、2100台突破(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン