象牙持ち出し疑い、ラオス国籍の男逮捕

【共同】静岡県裾野市の「富士サファリパーク」で死んだアフリカゾウの牙やチーターの歯など計約220点を持ち出し、密輸出しようとしたとして、千葉県警成田国際空港署は14日、関税法違反(無許可輸出未遂)の疑いで、元同園職員でラオス国籍の無職ラム・オウン・コウンサーワント容…

関連国・地域: ベトナムラオス日本
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

送金アプリu―money、JDBと提携(07/03)

(表)ASEANの日系自動車メーカー稼働状況(7月2日)(07/03)

スポーツ競技やカジノなど、再開を承認(07/02)

東南ア、入国制限の緩和検討 日本からの渡航本格化には時間(07/02)

ラオス・タイ第5友好橋、7月に事業者入札(07/01)

HAGLの高地バナナ、日本と韓国で好評(07/01)

Kパワー、ラオスで2件目の水力発電所受注(07/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン