19年の新車販売3.5%増、商用車がけん引

フィリピン自動車工業会(CAMPI)とトラック製造業者協会(TMA)は14日、2019年の新車販売台数(乗用車・商用車合計)が前年比3.5%増の36万9,941台だったと明らかにした。全体の7割を占める商用車が業界全体の伸びをけん引しプラス成長となった。ただ年間販売目標の4…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:銀行のインターネットバ…(01/23)

大統領、また財閥批判 LRT契約再考か、事業リスクに(01/23)

噴煙活動確認されず、噴火後初か(01/23)

東京メトロ、ファーティ大に車両譲渡(01/23)

カガヤン経済区庁、金融技術の法整備呼掛け(01/23)

給油所で値上げ、物品税の徴収分(01/23)

国有地の賃貸借で不当契約、財務省が批判(01/23)

携帯乗り換え新会社、証券委が設立承認(01/23)

食品モンデリーズ、首都圏で包装リサイクル(01/23)

19年の農業生産額0.7%増、統計庁(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン