• 印刷する

広州空港の帰省ラッシュ、18~22日と予測

広東省広州市の広州白雲国際空港(広州空港)の春節(旧正月、今年は1月25日)に伴う帰省ラッシュのピークは18~22日となる見通しだ。広州空港は混雑に対応するため、フライト当日の早めのチェックインなどを呼び掛けている。14日付南方日報が伝えた。

中国で春節の帰省とUターンラッシュに対応する交通機関の特別体制「春運」が、1月10日から2月18日まで40日間実施される。広州空港では、今年の春運開始以降、空港利用者は1日当たり延べ21万人以上に上っており、前年の春運時と比べて1万人以上多いという。


関連国・地域: 中国-広東
関連業種: 運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新都市開発「仕切り直し」 ヤンゴン、連邦政府が入札へ(08/04)

HSBC、中間期は77%減益 香港も2割減、信用損失急増(08/04)

テイクオフ:広州ではここ数年で高級…(08/04)

スタンチャート、香港事業上期は2割減益(08/04)

主要石炭企業の利益3割減 コロナが影響、下半期は復調期待(08/04)

台湾企業、iPhone生産ラインをインド移設か(08/04)

中老鉄路、線路の敷設21.4%が完了(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン