• 印刷する

広州空港の帰省ラッシュ、18~22日と予測

広東省広州市の広州白雲国際空港(広州空港)の春節(旧正月、今年は1月25日)に伴う帰省ラッシュのピークは18~22日となる見通しだ。広州空港は混雑に対応するため、フライト当日の早めのチェックインなどを呼び掛けている。14日付南方日報が伝えた。

中国で春節の帰省とUターンラッシュに対応する交通機関の特別体制「春運」が、1月10日から2月18日まで40日間実施される。広州空港では、今年の春運開始以降、空港利用者は1日当たり延べ21万人以上に上っており、前年の春運時と比べて1万人以上多いという。


関連国・地域: 中国-広東
関連業種: 運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

中国GDP、19年成長率は6.1%に減速(12:57)

仁宝、年内にもグーグル向けスマホ出荷か(12:32)

新型肺炎で2人目の死者、武漢の69歳男性(13:30)

高級品価格ランク、10位内にアジア5都市(19:36)

中老鉄路の要員採用、応募者の条件を発表(01/17)

中国からLNG輸入、ホテルや飲食店に販売(01/17)

ホテル業界、恵みの雨はまだ 春節予約率3割、値下げ合戦も(01/17)

米中が第1段階の貿易協定 中国、対米輸入2千億ドル拡大(01/17)

19年の香港旅客数、下半期に大きく失速(01/17)

トランプ氏と劉氏、米中貿易協定を高く評価(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン