《安全》中国の肺炎、厚労相が検査体制構築

【共同】加藤勝信厚生労働相は14日の閣議後会見で、中国湖北省武漢市などで発生した原因不明の肺炎の国内流入に備え、検査体制づくりを進めていることを明らかにした。中国政府が公開したウイルスの遺伝子情報を使い、国立感染症研究所で検体の分析ができるようにする。 中国政府…

関連国・地域: 中国-湖北
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

天津市のGDP、19年は4.8%成長(16:58)

武漢で邦人が重い肺炎=日本大使館(16:43)

武漢が交通機関停止、中国の感染者571人に(11:44)

保健省、武漢市への渡航自粛呼びかけ(13:35)

テイクオフ:春節(旧正月)を前に、…(01/23)

中国企業、コンポンスプー綿産業へ投資検討(01/23)

【すごいアジア人材@日本企業】日本で活躍するアジアの高度人材たち(4)(01/23)

新型肺炎が拡大、発症者440人 13省区市で確認、死者9人に(01/23)

新型肺炎、香港で高度の感染疑い(01/23)

肺炎でマスク需要急増、メーカーは続々増産(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン