• 印刷する

違法企業再建の関与者リスト、豪当局が作成

オーストラリア証券投資委員会(ASIC)は、債権者や労働者への支払い、税金納入を逃れるため、企業を意図的に清算する一方、同じ企業の経営者が清算した企業から不正に資産を移動させて新たに別会社を立ち上げ、事業を継続させる、いわゆる「フェニックス・アクティビティー」に関わる倒産防止アドバイザーと取締役のリストを作成している。オーストラリアンが伝えた。

会計大手プライスウォーターハウスクーパース(PwC)の分析によれば、違法なフェニックス・アクティビティーは国内経済にとって年間で28億5,000万~51億3,000万豪ドル(約2,161億~3,890億円)のコスト負担になっているという。これには債権者に対する12億~32億豪ドルの未払い金と、倒産した企業の従業員に対する3,100万~2億9,800万豪ドルの未払いの給与も含まれる。政府は未納の税金と順守コストとして約17億豪ドルを失っていると推測されている。

ASICは、オーストラリア国税局(ATO)、監視機関フェアワーク・オンブズマン(FWO)と共同で、フェニックス・アクティビティーに特化した調査ユニット、フェニックス・タスクフォースを設置。同タスクフォースは、2018年以来、違法なフェニックス・アクティビティーに関連する9件の刑事訴追を行っており、ASICは企業の取締役30人の資格を剥奪している。

ASICは最もフェニックス・アクティビティーが一般的に行われている業界として、建設、人材派遣、輸送・物流を主なターゲットにしている。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 金融建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

通信会社サークルズ、人員削減を進行(18:19)

テイクオフ:シドニーのライド市が、…(02/28)

肺炎の世界不況リスク低まる、中国が減速で(02/28)

豪首相「パンデミックに備えよ」 中国からの入国制限延長(02/28)

豪NZ株式は5日続落、今年の上昇分消失(02/28)

豪訪問者150万人減か、NZは経済停滞へ(02/28)

ウールワース、給与過少払い影響で減益(02/28)

豪ライナス、3年間の操業延長認可を取得(02/28)

ボーダフォン、5G導入で顧客回復狙い(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン