• 印刷する

テイクオフ:不気味で巨大な黒煙が天…

不気味で巨大な黒煙が天に向かって昇っていく。内部には雷がとどろき、さながら映画のような迫力だ。マニラから約60キロ南に位置するタール火山が約40年ぶりに噴火した。避暑地として有名なタガイタイから見下ろした、タール湖にこぢんまりと浮かぶあの小柄な山とは別物にも思えてくる。

噴煙発生から一夜明けると、首都圏でも足元にうっすらと火山灰が積もっていた。車道から舞い上がった灰で目がかすむ。急ぎ足の男性は足を滑らせている。マスク姿の人々はいつにも増して緊張した面持ちで歩いていた。

毎年のように発生する地震や台風に備えていても、火山の噴火を予知することは難しい。幸い人的被害は出ていないようだが、航空便は制限され、火山周辺に製造拠点を構える日系企業は対応に追われた。いまは事態が悪化しないよう祈るしかなさそうだ。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:定点観察は物事の変化を…(01/27)

22年昇給率、4.3%に縮小 コロナ禍で日系企業、NNA調査(01/27)

新型コロナ、新たに1万5789人感染(01/27)

腐敗認識ランク、東南ア5カ国で順位低下(01/27)

オミクロン株の死者計5人に、保健省(01/27)

公共交通の利用制限、出勤者は30日猶予(01/27)

〔ミ島通信〕ダバオ、外出禁止800カ所超に(01/27)

運輸省、交通機関の接種会場拡大へ(01/27)

未接種者の「差別」に苦情、弁護人事務所(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン