• 印刷する

総統選の投票率74.9%、12年ぶりの高水準

11日に行われた台湾総統選の投票率は74.9%となり、3期(12年)ぶりの高水準だった。前回の2016年(66.3%)からは8.6ポイント上がり、08年(76.3%)以来の高水準。投票率が前回比で上がるのは5期ぶり。

中央選挙委員会によると、総統選の有権者数は1,931万1,105人。投票者数は1,446万4,571人で、このうち有効票は1,430万940票だった。無効票は16万3,631票あった。

自由時報などによると、当日は全域で天気が良かった上、若年層を中心に会員制交流サイト(SNS)で投票を呼び掛ける声が多かったことも投票数を押し上げた。

台中市では投票率が過去最高の約76.4%に達した。台湾東海大学政治学科の潘兆民教授は、「逃亡犯条例」改正案に端を発した香港での混乱と中台間の関係悪化が中国への危機感につながり、若年層の投票を促したと指摘した。


関連国・地域: 中国香港台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:米アカデミー賞で4冠と…(02/24)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(23日正午) イタリアで2人の死者、強まる日本への警戒(02/24)

新型肺炎が花見シーズン直撃 訪日台湾人、過去15年で最少か(02/24)

親日台湾でも肺炎対応批判、不信広がる(02/24)

航空業界が政府に救援策要求、近く提出へ(02/24)

TSMC、STマイクロとGaN開発で提携(02/24)

タイ航空が3月の運休拡大、日本便も対象に(02/24)

中国企業がiPhone組立か、台湾EMSに圧力(02/24)

可成科技、iPhone新モデルのきょう体受注か(02/24)

5G競売第2弾が終了、総落札額1422億元に(02/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン