19年の新規バイク登録3.9%減 首位ホンダが失速、ベスパは好調

タイ運輸省陸運局によると、2019年の二輪車の新規登録台数は、前年比3.9%減の171万9,370台だった。2年連続で縮小した。市場シェア8割を握るホンダと同15%を持つヤマハがそろって減少したために全体を押し下げた。縮小する市場の中で、イタリアのベスパとスズキは2桁増と好調だ…

関連国・地域: タイ日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイ第2の都市と言えば…(01/20)

有望市場に交差する期待と不安 ジェトロ、高齢者産業ミッション(01/20)

トヨタ、EV・PHV生産計画で政府認可(01/20)

東南アジアの訪日客、8年連続過去最高(01/20)

19年の自動車輸入、前年比69%増(01/20)

カーケアのクイックレーン、今年は29店増設(01/20)

ダウェーの鉱山訴訟、住民が歴史的勝訴(01/20)

マプタプット港の運営、マリンタイが受注(01/20)

物流JWDインフォ、セルフ倉庫事業拡大(01/20)

道路補修工事、遅延業者はブラックリストに(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン