• 印刷する

配車グラブ、クラウドキッチン事業開始

グラブフードは、飲食業者に厨房施設を貸し出すクラウドキッチン事業をシンガポールで開始した(同社提供)

グラブフードは、飲食業者に厨房施設を貸し出すクラウドキッチン事業をシンガポールで開始した(同社提供)

シンガポールの配車サービス大手グラブの料理宅配サービス部門グラブフードは、飲食業者に厨房施設を貸し出すクラウドキッチン事業を同国で開始した。グラブが同様の事業を展開するのは5カ国目。既にクラウドキッチンを展開する企業との間で競争が激化しそうだ。

西部ブキバトックにあるラムスーン工業団地内に8日、クラウドキッチン施設「グラブキッチン」をオープンした。面積は6,000平方フィート(約560平方メートル)超。飲食業者10社にスペースを提供する。注文した料理をその場で食べられるイートイン・コーナーも設置した。

ブキバトックは、グラブフードのサービスが手薄な地域でもあることから、新施設の開設で料理宅配の需要取り込みを狙う。シンガポールでは現在、グラブフードの登録業者は住人1,000人当たり3.7社だが、ブキバトックでは2社にとどまる。

今年上半期(1~6月)中には、国内でグラブキッチンを増設する計画だ。現地では、同業のフードパンダやデリバルーもクラウドキッチンを運営しており、今後料理宅配サービス業界で競争がさらに激しくなりそうだ。

グラブフードは、シンガポール、インドネシア、タイ、ベトナム、フィリピンで計50カ所以上のクラウドキッチンを展開している。年内には、金融部門や広告部門のサービスを一元化した新アプリを提供する予定だ。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 食品・飲料運輸サービス

その他記事

すべての文頭を開く

OCBC銀行、1~6月期決算は42%減益(08/08)

MC取得後に外出で起訴、コロナ対策違反(08/08)

共用オフィスのジャストコー、2カ所開業へ(08/08)

新規感染242人、計5万4797人(7日)(08/08)

大手2行、1~6月2桁減益 コロナ禍で信用コスト増加(08/07)

外国人居住施設での感染検査、7日に終了(08/07)

海外感染者の医療費、7日から保険適用(08/07)

ASEAN+3の成長率0.0%、AMRO予測(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン