住商の第3タンロン販売好調 手厚い支援、課題は用地コストか

住友商事が運営するベトナム北部ビンフック省の第3タンロン工業団地(TLIP3)の販売が好調だ。第1期の開業から1年がたち、既に第2期区画の開発に着手している。商社ならではの手厚いサポート、入居企業がものづくりに専念できる環境やインフラを提供。工業団地を「ひとつ…

関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: その他製造建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

航空各社が苦肉の人件費削減 東南ア、相次ぎ減給・無給休暇(04/08)

【中進国の罠】越の輸出、付加価値に課題 地場企業や上流工程の強化が鍵に(04/08)

新型コロナ、国内の感染者は245人(04/08)

冷蔵・冷凍倉庫の需要拡大、新型コロナ影響(04/08)

バンフーインベスト、19年は売上高11倍(04/08)

HCM市、7区交差点の渋滞緩和事業を着工(04/08)

ホアファット、3月建設鉄鋼販売が過去最高(04/08)

太陽光発電のFIT新価格決定、今年末まで(04/08)

EVN、発電用石炭の十分な供給を要請(04/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン