• 印刷する

ラオスからの電力、195MWが電力網に接続

ラオス南部のドンサホン水力発電所とカンボジア北部ストゥントレン州を結ぶ送電線が7日、接続された。カンボジアはドンサホン発電所から、195メガワット(MW)の電力を輸入する。クメール・タイムズ(電子版)が8日伝えた。

カンボジア鉱業・エネルギー省エネルギー局のビクター・ジョナ局長によると、ドンサホンからの電力輸入は第1四半期(1~3月)に開始する。買電価格は1キロワット時(kWh)当たり0.073米ドル(約7.9円)。ストゥントレン州を経由して首都プノンペンまで送電される。 

ドンサホン水力発電所の発電容量は260MW。カンボジア国境から2キロメートルの地点に位置し、2016年に着工していた。建設費は5億米ドル。同発電所の運営母体には、マレーシアの発電・資源事業会社メガファースト・コーポレーション(MFCB)が8割、ラオス電力公社(EDL)が2割を出資している。   

カンボジアは現在、ラオスから50~70MWの電力を輸入している。政府は国内の電力需要の拡大に伴い、発電事業への投資を強化するとともに、24年以降はラオスから2,400MWを調達する契約も締結している。


関連国・地域: カンボジアラオス
関連業種: 電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

経済成長率はマイナス2%、世銀が予測修正(10/01)

南部SEZのコンテナ、1~8月は22%増(10/01)

新型コロナ1人感染、累計277人に(10/01)

ANAの成田―プノンペン線、11月も運休(09/30)

アジア新興国の成長率、20年は0.9%=世銀(09/30)

【4000号特集】アジア経済はいずれ回復する 中尾ADB前総裁に聞く(09/30)

1~8月のインフレ率は3%、中央銀行(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン