英BPの合弁、給油所を10年で350カ所新設

インドネシアの燃料・化学品流通大手AKRコーポリンドと英系石油大手BPインドネシアの合弁会社、アネカ・ペトロインド・ラヤ(APR)は、今後10年間に計350カ所のガソリンスタンドを新設する計画だ。ジャカルタ・ポストが6日伝えた。 APRは現在、ジャカルタ首都圏と東ジ…

関連国・地域: インドネシア欧州
関連業種: 自動車・二輪車天然資源小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:首都ジャカルタを走るK…(08/04)

7月のCPI上昇率は1.54% 5カ月連続で減速、食品が主要因(08/04)

公共交通乗客が回復、6月は前月比2桁増(08/04)

トヨタが6モデルをリコール、燃料ポンプで(08/04)

首都の公共バス、車両155台を追加導入(08/04)

株価3%の大幅反落、為替は1万4713ルピア(08/04)

韓国国民銀行、ブコピン銀の筆頭株主に(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン