英BPの合弁、給油所を10年で350カ所新設

インドネシアの燃料・化学品流通大手AKRコーポリンドと英系石油大手BPインドネシアの合弁会社、アネカ・ペトロインド・ラヤ(APR)は、今後10年間に計350カ所のガソリンスタンドを新設する計画だ。ジャカルタ・ポストが6日伝えた。 APRは現在、ジャカルタ首都圏と東ジ…

関連国・地域: インドネシア欧州
関連業種: 自動車・二輪車天然資源小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

石炭ランナー、インドネシア権益の調査延長(04/10)

テイクオフ:「オンライン飲み会をや…(04/09)

【中進国の罠】タイの資本輸出、域内で攻勢 ベトナムは最大の「草刈り場」に(04/09)

10日から首都の活動制限厳格化、処罰も検討(04/09)

政府、コロナ対策費調達で3種の外国債発行(04/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン