バンスー駅開発、迅速化へ改正PPP法適用

タイ国鉄(SRT)のウォラウット総裁代行は、バンコク北部バンスー中央駅のゾーンAの商業開発事業を、現在適用されている2013年官民連携法(公共事業への民間投資に関する法律、PPP法)ではなく、昨年発効した19年PPP改正法に則して進める方針を明らかにした。4日付クル…

関連国・地域: タイ
関連業種: 建設・不動産運輸小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

(表)世界の新型肺炎感染者数(25日正午) 韓国の感染893人、中国に次ぐ感染国に(02/26)

テイクオフ:米国の影響力をやゆして…(02/26)

【循環型経済】バイオプラ、車も植物由来に オランダに見るタイの活路(上)(02/26)

【ダイヤモンド・オンライン】AirPods危機!新型肺炎でアップルの超ヒット商品が入手困難になる理由(02/26)

Thaco、タイに起亜の乗用車を初輸出(02/26)

電動車の新規格、3月に発効見通し(02/26)

シボレー、アフターサービス維持を強調(02/26)

タイ損害保険ティパヤ、カンボジア進出へ(02/26)

ホンダ車販売のオートコープ、子会社設立へ(02/26)

8日ぶり肺炎2人感染、国は危険伝染病指定(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン