武漢で拡大の肺炎、国内初の感染例か

中国の湖北省武漢で原因不明のウイルス性肺炎の発症者が増加している問題で、シンガポール政府は4日、武漢への渡航歴のある女児(3歳)がウイルス性肺炎と似た症状を発症し、シンガポール国内の病院で隔離されていると発表した。同国で初めて、武漢を訪問後に肺炎に似た症状が確…

関連国・地域: 中国シンガポール
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:気が付けば10月を迎え…(10/01)

コロナ後も柔軟な勤務体制 地場企業6割、在宅環境整備進む(10/01)

「仕事の未来」地域センター、国内に開設(10/01)

複合ケッペル、最大50億ドルの資産売却へ(10/01)

8月の銀行貸出残高、3カ月連続マイナス(10/01)

19年の運用資産額16%増、株式市場好調で(10/01)

UOB銀、法人向けデジタルバンキング刷新(10/01)

フレイザーズ、在宅推進も巨大オフィス開発(10/01)

シティ、富裕層向けサービス拠点を開設(10/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン