• 印刷する

〔オセアニアン事件簿〕豪山火事死者が23人に、首相は訪日中止

オーストラリアで被害が拡大している山火事で、昨年10月から今月5日までに23人が亡くなったことが分かった。モリソン首相は、ニューサウスウェールズ(NSW)州やビクトリア(VIC)州など全土で山火事が拡大していることから、今月に予定していた日本とインドへの訪問を中止すると発表した。地元各メディアが伝えた。

この夏の山火事で焼失した家屋は、既に1,500軒以上となっており、今後も増加するとみられている。

NSW州では5日までに、山火事で17人が亡くなった。同州では、148カ所で山火事が発生しており、そのうちの12カ所では、住民に対して緊急避難勧告が発令されるなど深刻な状態となっている。

特に5日は、同州南部沿岸部のイーデン(Eden)に向けて山火事が迫っていることから、同州警察当局は、内陸部などからイーデン港に避難している人々に対し、安全が確保できないとして別の場所に避難するよう求めた。

連邦政府は5日、住民の救助を目的に、シドニーの軍港から支援物資を乗せ、医療設備を備える強襲揚陸艦HMASアデレードをイーデンに派遣した。レイノルズ国防相は、ブリスベンからアデレードの海岸部に配置する海軍を山火事被害を受ける地域の支援に利用するとしている。

シドニーからNSW州イーデンでの避難活動に向けて航行する強襲揚陸艦HMASアデレード(NNA豪州)

シドニーからNSW州イーデンでの避難活動に向けて航行する強襲揚陸艦HMASアデレード(NNA豪州)

■VIC州にも海軍派遣

VIC州では、これまでに山火事で2人が死亡し6人が行方不明となっている。同州の山火事は、50カ所以上となっている。また同州東部海岸のマラクータ(Mallacoota)では、山火事により周辺との交通が遮断され、住民と観光客を合わせて約4,000人が避難できない状況に追い込まれた。連邦政府は2日、急きょ海軍の揚陸艦HMASチョールと多目的訓練船MVシカモアをマラクータに派遣し、翌3日から住民と観光客の避難支援を行っている。

■山火事対応を優先=首相

連邦政府はこのほど、今月に予定していたモリソン首相のインドと日本への訪問を延期すると発表した。モリソン首相は、山火事への対応を最優先するとしている。

国内では、NSW州やVIC州のほか、山火事により南オーストラリア州でも死者が出た。山火事はクイーンズランド州や西オーストラリア州、タスマニア州など全土に広がっている。


関連国・地域: オーストラリアインド日本
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアでニュー…(04/09)

ジョブキーパー即日可決、大企業は受給難も(04/09)

豪国税局、在宅勤務者の税控除申請を簡素化(04/09)

豪百貨店、供給業者への支払い期限延長か(04/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン