日韓交流は相互理解の基盤、ソウルで観光協議

【ソウル共同】日本と韓国の観光当局は19日、ソウルで日韓観光振興協議会を開いた。観光庁の高科淳国際観光部長は「人的交流は日韓の相互理解の基盤だ」と述べ、元徴用工訴訟の問題で両国関係が冷え込んだ中でも、観光分野では人の往来や青少年交流を活発化させるべきだと強調した…

関連国・地域: 韓国ベトナム
関連業種: 観光


その他記事

すべての文頭を開く

上期の「専利」出願が4%減 コロナ響く、TSMCの首位継続(08/07)

サムスン旗艦機で首位奪還へ ノート20公開、MSとゲーム協業(08/07)

新型コロナ感染者、43人増の1万4499人(08/07)

7月の輸入車販売、5カ月ぶり2万台下回る(08/07)

大韓航空が2Q黒字転換、貨物好調が奏功(08/07)

HDC、アシアナ側の「再査定拒否」に遺憾(08/07)

LCCジンエアーが増資へ、生き残り模索(08/07)

LCC済州航空、上期売上高62%減少(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン