• 印刷する

工作機械オークマ、初のショールームを開設

工作機械のオークマ(愛知県大口町)は18日、現地法人のオークマインドネシアが事務所をこれまでの北ジャカルタ・クラパガディン地区から東ジャカルタ・チャクン地区に移転したと発表した。移転に伴い、初めてとなるショールームも併設した。

新事務所は1階にショールーム、2階と3階にオフィスと倉庫を設置した。述べ床面積は420平方メートル。ショールームには、最新のコンピューター数値制御(CNC)工作機械3台や立体マシニングセンター、横型CNC旋盤、複合加工機などを展示。テストカットや加工サポートにも対応する。

オークマ経営企画室の担当者は、既存オフィスが手狭になってきたことや、ショールームの開設でブランド力を高めるため移転を決めたと説明した。「これまでは展示会や代理店を通じて製品を紹介していたが、今後はショールームで常設展示やサービス提供ができる」と話した。工作機械は日本と台湾で製造したものを輸入している。

オークマインドネシアは18~19日の2日間、ショールームで展示会と食事会を兼ねた「オープンハウス」を開催している。

オークマインドネシアのショールーム兼オフィスの外観=東ジャカルタ(オークマ提供)

オークマインドネシアのショールーム兼オフィスの外観=東ジャカルタ(オークマ提供)


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 電機その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

タイはミャンマーに関与を、ジャーナリスト(08/12)

米コーラー陶器工場開所、14.5兆ルピア投資(12:13)

Jトラスト、日立建機の重機ローン提供(08/12)

【プロの眼】滞在先で紛争発生 命と安全どう守る(08/13)

ホンダ、23年にHV2種投入 自動車展開幕、電動化へ勢い加速(08/12)

スズキ2モデル発表、3年で4車種追加(08/12)

ダイハツ、国産車のEVコンセプトを披露(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン