• 印刷する

香港社、植物由来「豚肉」をスーパーで発売

環境保護や菜食推進を事業の柱とする香港のグリーン・マンデーは18日、シンガポールのスーパー各店で植物由来の人工豚肉「オムニミート」を発売したと発表した。同国の小売店で消費者に直接販売するのは初となる。

今月12日から、スーパーチェーンのNTUCフェアプライス、シェンション、ハオマート、プライム、オーガニック食材店のイエスナチュラル、フォーシーズンズ・オーガニック&スペシャルティー、電子商取引(EC)サイトのレッドマートで販売している。

同社が手掛けるのは植物由来の「豚肉」で、価格は230グラムのひき肉1パックが7.55Sドル(約610円)だ。原料には大豆、しいたけ、コメなどを使用している。

シンガポールでは2018年11月から、一部の高級ホテルや飲食店でオムニミートを使った料理が提供されている。消費者から小売店での購入を望む声があったことから、スーパーでの販売も開始した。

オムニミートの原料には大豆やしいたけ、コメなどが使われている(グリーン・マンデー提供)

オムニミートの原料には大豆やしいたけ、コメなどが使われている(グリーン・マンデー提供)


関連国・地域: 香港シンガポール
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りサービス

その他記事

すべての文頭を開く

【ASEAN戦略】医療業務のデジタル化需要狙う ユビー、ポストコロナ見据え(12/05)

11月のPMI、好況水準維持も指数低下(12/05)

ディープテック企業への投資、政府が拡大へ(12/05)

10月の小売業売上高、マイナス圏もやや回復(12/05)

デジタル銀免許、グラブ連合など4者に付与(12/05)

国際連結性指数、世界2位を維持(12/04)

新規感染3人、市中はゼロ(4日)(12/04)

ベトナムへの投資支援加速 UOB銀行、11億ドル誘致へ(12/04)

電材HD、現地クレーン大手を買収(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン