• 印刷する

11月旅客数は10年半ぶり減少幅、香港空港

香港空港管理局(AAHK)は15日、香港国際空港(チェクラプコク空港)の11月の旅客数が前年同月比16.2%減の502万6,000人(延べ人数、速報値、以下同じ)だったと発表した。官営放送RTHKによると、単月としては、2009年6月以来最大の減少幅となった。

航空機の発着回数は8.3%減の3万2,510回だった。貨物取扱量は3.4%減の45万トンとなり、3分野全てのマイナス成長は8月から4カ月連続となった。

11月の旅客数は、香港を訪れる旅客数の低迷を受けて減少した。中でも中国本土と東南アジアを行き来する旅客数が顕著に減った。一方で、乗り換えやトランジットの旅客数は前年同月比で6%増えたほか、香港市民の海外旅行も5%増えた。

貨物取扱量は、輸出の減少幅が1.0%となった。前月の2.6%から改善した。主要市場では、日本と欧州向けの輸出が伸びた。

1~11月の旅客数は前年同期比3.4%減の6,580万人で、航空機の発着回数は1.3%減の38万5,730回。貨物取扱量は6.6%減の440万トンだった。


関連国・地域: 香港
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

金融管理局、5億HKドルの売り介入実施(16:55)

テイクオフ:年中湿気が多い香港で冬…(08/05)

PCR検査、企業の需要拡大 従業員向け、予約困難も(08/05)

新規感染者80人、域内75人=計3669人(08/05)

新学期はオンラインで予定通り開始、教育局(08/05)

ペット対象にPCR検査開始、 城市大(08/05)

マカオ、香港などからの入境者管理を強化(08/05)

恒生銀は中間で33%減益、経済活動低迷響く(08/05)

急反発、米株価上昇の流れ受ける=香港株式(08/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン