• 印刷する

豪のWTO敗訴、国内製紙産業「問題なし」

世界貿易機関(WTO)が、インドネシア製A4判コピー用紙への反ダンピング(不当廉売)関税を不当だとし、オーストラリアが敗訴した件で、オーストラリアの製紙産業は、当面問題ないとの姿勢を維持している。係争は、インドネシアがWTOに訴えたものだった。13日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

インドネシア政府は2017年9月、オーストラリア政府がインドネシア産のA4コピー用紙に反ダンピング関税を課していることは協定違反だとしてWTOに提訴していた。

WTOは今回、オーストラリア反ダンピング委員会(ADC)による反ダンピング関税の計算は一般的に正しいが、インドネシア製のA4コピー用紙に関しては算出方法が国際規定に違反しているとの裁定を下した。

法律の専門家らは、同裁定により、コピー用紙だけでなく、鉄鋼やアルミニウムなどのオーストラリアの反ダンピング関税に対してもWTOに訴える動きが加速する可能性があるとみている。

だが、日本製紙グループのオーストラリアン・ペーパー(AP)はWTOの裁定について、「ADCの調査の枠組みの整合性と堅固な状態」を示していると指摘。ADCがWTOの裁定内容を検討している間は、インドネシア製のA4コピー用紙に対する反ダンピング関税は維持されるとしている。APは国内で唯一、A4コピー用紙を製造している。

オーストラリアは現在、インドネシアのほか、オーストリア、フィンランド、韓国、ロシア、スロバキア、ブラジル、中国、タイの9カ国から輸入されるA4コピー用紙に、2~20%の反ダンピング関税を課している。


関連国・地域: インドネシアオーストラリア日本
関連業種: 鉄鋼・金属その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

豪小売企の閉鎖増加、不動産業界に影響も(17:48)

オージーが顔認識アプリ開発、FBIも使用(17:48)

香港の住宅価格、2年連続で年収の20倍超に(19:20)

QLD干ばつ地域、中国企に水割当て住民怒り(17:48)

テイクオフ:パースに旅行に出かけた…(01/21)

山火事被害の小企業を支援 豪政府、最大50万$低利融資(01/21)

〔オセアニアン事件簿〕豪雨でも山火事は続く、洪水の恐れも(01/21)

豪政府、北部開発計画を見直しへ(01/21)

豪財政黒字額、予測を150億$超過か(01/21)

衣料販売ユニバーサル、豪上場準備を本格化(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン