積極財政を継続、経済工作会議 新規減税は示さず、金融は緩和か

中国共産党・政府が2020年の経済政策を協議する中央経済工作会議が10~12日に北京で開かれ、「積極的な財政政策」を継続するなどの方針を示した。ただ19年に実施したような新規の大型減税、行政費用引き下げへの言及はなかった。一方で金融政策はいくぶん緩和の度合いを加速させる…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 電機金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:社内で風邪がはやってい…(01/21)

テイクオフ:1月下旬から2月上旬と…(01/21)

19年の輸出受注、5.3%減に 全製品・市場が落ち込み(01/21)

プラごみ規制を大幅に強化 今年から一部製品禁止、代替奨励も(01/21)

ブランド品売買SOU、3カ国に拠点(01/21)

今年の自動車市場2500万台と予測、工情相(01/21)

国民は米国より中国との同盟望む=調査(01/21)

印GDP、華為排除で最大280億ドル減少(01/21)

香港、武漢発の旅客に健康状態申告義務付け(01/21)

開発区20カ所に是正指導、「国家級」剥奪も(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン