人間も動物も強制移住の小島、30年経て共存

【共同】フィリピン西部の小島で、アフリカから連れてこられたキリンやシマウマが放し飼いにされている。長期独裁政権を敷いた故マルコス元大統領が強制移住させ、代わりに住民を島外に退去させた。古里を追われた住民の帰還は30年以上を経て正式に許可され、現在は人間と動物の平…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ビジネス目的の入国許可、来月1日から(19:39)

マニラ空港改修に暗雲 優先事業者、財務基盤弱く(10/23)

コロナ感染新たに1664人、計36万3888人(10/23)

経済区庁、登録企業9割が事業再開(10/23)

コロナ対策法第2弾、予算配分が低調(10/23)

旅行業団体、航空会社に3億ペソ返金求める(10/23)

フェロニッケル、鉄筋工場が来年着工(10/23)

ニッケル協会、環境対応で2億ペソ投資(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン