水道2社が契約見直し提案、政府が精査へ

フィリピンのマニラ首都圏で水道事業を手掛けるマイニラッド・ウオーター・サービシズ(MWSI)とマニラ・ウオーター(MWCI)はドゥテルテ大統領に書簡を送り、事業委託契約の政府に不利な条項を「見直す用意がある」と伝えた。12日付トリビューンなど複数の地元紙が報じた…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 電力・ガス・水道政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「コンドミニアムで初の…(04/01)

アジアがマイナス成長も、コロナ直撃=世銀(04/01)

政府、過去最大の生活支援 2千億ペソ、低所得層に照準(04/01)

【コロナアンケート】新型コロナで「生産減」56% サプライチェーンの影響も6割超(04/01)

政府、隔離施設に船舶・ホテル活用(04/01)

アニョ内相が新型コロナ感染、閣僚で初(04/01)

新型コロナ感染者2084人に、死者は88人(04/01)

自治体の新型コロナ対策、国庫で強化(04/01)

外出制限の延長、内相「得策でない」(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン