• 印刷する

米不動産仲介センチュリー21、店舗増設へ

米系不動産仲介大手センチュリー21(カンボジア)は、経済成長を追い風にカンボジアで不動産市場が拡大する中、フランチャイズ(FC)の店舗数を現行の23店から38店に増やす計画だ。プノンペン・ポスト(電子版)が11日伝えた。

センチュリー21(カンボジア)の幹部によると、同社の今年1~11月の住宅販売は、前年同期比15%増の567戸だった。同幹部は、カンボジアの不動産・建設市場の拡大によって、今年は好調な販売を記録したと指摘した。

今後は店舗網を38店とし、首都プノンペン、南部のカンポット州やシアヌークビル州、ケップ州、南東部コンポンチャム州、北西部シエムレアプ州、西部バッタンバン州、南西部コッコン州などでの旺盛な住宅販売需要に対応する。最近ではシアヌークビル州に店舗を開設し、南部に進出した。

カンボジア不動産鑑定士・不動産業者協会(CVEAA)のチレク・ソクニム会長は、「住宅購入の需要が旺盛な中で、仲介業者の重要性が認知されてきている」と指摘した。

センチュリー21(カンボジア)は、5年前から事業を展開。約500人が仲介販売を担当している。


関連国・地域: カンボジア米国
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

腐敗認識指数、ASEANは5カ国で改善(01/24)

次の乾期は電力安定、エネルギー相が予想(01/24)

香港系高層コンド、首都で第2期開発を始動(01/24)

日本法務総研、カンボジアの司法学院と覚書(01/24)

新型コロナウイルス、水際対策の強化要請(01/24)

SBI、車両販売業者への貸付ファンド組成(01/23)

中国企業、コンポンスプー綿産業へ投資検討(01/23)

ベトナム国営ゴム、農園の拡張を計画(01/23)

主要3空港の旅客数、19年は10%増(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン