• 印刷する

恵和が韓国法人を解散、支店設立へ

液晶ディスプレーに使う高機能フィルムを開発・製造する恵和(東京都中央区)は11日、2007年に設立した韓国100%子会社のソウル恵和光電を解散し、新たにソウル支店を設立すると発表した。

同社関係者はNNAの取材に対し、「今回の措置は経営効率化の一環」と説明。それまで韓国法人が行っていた販促活動や製品開発に必要な情報収集は支店が引き継ぐ。解散手続きは20年9月末をめどに完了し、20年2月1日からソウル支店の営業を開始する予定だ。

ソウル恵和光電の18年12月期の営業利益は前年同期比で約5倍の8,627万ウォン(約786万円)と、営業赤字を計上した16年12月期から業績が大きく回復していた。業績の好転は、主力の高機能フィルム生産をテレビ向けから付加価値の高いスマートフォンやタブレット向けにシフトしたことが背景。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

地場建設と現代、スポーツ施設建設で提携(19:18)

社外取締役は最長6年、商法改正案が可決(14:46)

現代自、中国で燃料電池車生産へ(17:42)

19年ICT輸出2割減、半導体など不振響く(18:46)

ラオス初の野球リーグ戦、韓国支援で開催(01/21)

テイクオフ:韓国の旧正月には、家族…(01/21)

経営体制固めるサムスン トップ判決控え、安定と技術力で(01/21)

輸出に占める半導体比率、19年は10%台に(01/21)

サムスン、印ディスプレー工場に5億ドルか(01/21)

韓国ITカカオ、越中部で送迎サービス開始(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン