リードフレームの順徳、南投県に新工場

台湾リードフレーム大手の順徳工業(SDI)は10日、南投県で新工場を着工した。投資額は3億5,000万台湾元(約12億円)。ハイエンドの表面処理や製造工程の能力を引き上げ、製品の高付加価値化を図る。11日付工商時報が伝えた。 1999年の921大地震で損壊した工場の跡地に建設す…

関連国・地域: 台湾
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾では現在、隔離対象…(04/01)

台北繁華街の空室率が上昇 新型コロナで、賃料は4割下落も(04/01)

鴻海の19年純益11%減、6年来の低水準(04/01)

国巨、MLCCの生産が受注の半分以下に(04/01)

仁宝、20年PC出荷量は横ばい維持へ(04/01)

日月光が資金調達計画、277億元超か(04/01)

群聯が新工場着工、22年初めに稼働開始へ(04/01)

PCB欣興、資本支出を過去最高の240億元(04/01)

裕隆が36%減資、創業以来初(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン