大気汚染減へ石炭発電停止も 規制監視を強化、効果には疑問符

韓国では本格的な冬の到来とともに、大気汚染の深刻さが増している。ソウルでは10日、大気中の微小粒子状物質「PM2.5」の濃度が1立方メートル当たり98マイクログラムと、環境基準(35マイクログラム以下)の約3倍に達した。韓国政府は石炭火力発電所の稼働停止などで低減を進め…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

輸出に占める半導体比率、19年は10%台に(17:40)

SKハイニックス、利川にR&Dセンター(17:54)

5G単独通信網でデータ送信、SKTが成功(18:03)

次世代の半導体開発、政府が1兆ウォン投入(18:08)

中国新型肺炎の感染初確認、中国人の女性(18:08)

新型肺炎の死者3人に、武漢以外でも発症(17:28)

テイクオフ:韓国Kリーグで活躍する…(01/20)

ビンファスト、受注1.7万台 「初年シェア5%」に疑問の声(01/20)

19年の訪日韓国人26%減 日韓対立で五輪イヤーに不安も(01/20)

政策金利1.25%、2度目の据え置き(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン