大気汚染減へ石炭発電停止も 規制監視を強化、効果には疑問符

韓国では本格的な冬の到来とともに、大気汚染の深刻さが増している。ソウルでは10日、大気中の微小粒子状物質「PM2.5」の濃度が1立方メートル当たり98マイクログラムと、環境基準(35マイクログラム以下)の約3倍に達した。韓国政府は石炭火力発電所の稼働停止などで低減を進め…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国の梅雨はまるでスコ…(08/05)

韓国車販売がやや回復 現代自の善戦で、新車が貢献(08/05)

亜洲光学、特許侵害で日本サムスンを提訴(08/05)

新型コロナ感染者、34人増の1万4423人(08/05)

サムスン、米大手2社から半導体チップ受注(08/05)

韓国EV電池3社、上半期シェア35%に(08/05)

韓国GMの正規職化、費用は最大3億ドル(08/05)

セブ港に新国際コンテナ港、21年着工へ(08/05)

韓国造船海洋、今年初のLNG運搬船受注(08/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン