• 印刷する

香港株のパフォーマンス予測、中国株下回る

政治的な先行き不透明感が重くのしかかり、香港経済への投資家の信頼が失われる中、アナリストは2020年の見通しについて、中国A株(中国本土上場の人民元建て株式)のパフォーマンスが香港株を上回る可能性が高いとみている。10日付サウスチャイナ・モーニングポストが伝えた。

交通銀行の国際証券部門、交銀国際のマネジング・ディレクター(MD)兼チーフストラテジストの洪コウ(コウ=さんずいに景に頁)氏は、「(香港)市場には、下降傾向を逆転させるための相場を動かす材料が不足している」と指摘。香港経済は抗議活動による悪影響を受けて深刻な課題を抱えており、「投資家の信頼感が悪化している」と述べた。一方で上海・深セン市場の開放が進んでおり、MSCI指数を算出・公表する米MSCIがA株を国際的な指数に組み入れてから大量の資金が流入していると指摘した。


関連国・地域: 中国香港
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

香港政府、湖北省居住者の入境を禁止(11:39)

【NNA景気指数】ベトナム 2020年第1四半期予測(01/27)

香港政府、新型肺炎の警戒レベルを最高に(01/27)

【NNA景気指数】タイ 2020年第1四半期予測(01/27)

テイクオフ:職場で朝、パソコンを開…(01/24)

新型肺炎、市場はまだ静観 流行長期化すれば経済に打撃(01/24)

香港系高層コンド、首都で第2期開発を始動(01/24)

日系企業の4Q業績悪化進む、見通しは横ばい(01/24)

新型肺炎への対応など紹介、領事館職員(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン