• 印刷する

食料安全保障指数、2年連続で世界1位

食料安全保障指数のランキングでシンガポールは2年連続で世界1位になった=11日、シンガポール中心部(NNA撮影)

食料安全保障指数のランキングでシンガポールは2年連続で世界1位になった=11日、シンガポール中心部(NNA撮影)

英誌エコノミストの調査部門エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)が発表した「世界食料安全保障指数(GFSI)」で、シンガポールは前年に続いて1位となった。食品の手頃な価格、入手のしやすさが高く評価され、2年連続で首位となった。

GFSIは食料を「手頃な価格で入手できるか」「物理的に入手しやすい状況にあるか」「安全で栄養価の高い食品を入手できるか」の3項目で評価し、100点満点で指数化している。今回は113カ国・地域を対象とした。

シンガポールの総合点は87.4。2位のアイルランドに3ポイント以上の差をつけてトップとなった。手頃な価格で入手できるかが95.4、物理的に入手しやすい状況にあるかが83で、ともに2位。安全で栄養価の高い食品を入手できるかは79.4で、25位だった。

アジアでトップ20に入ったのはシンガポールだけ。EIUは1人当たりの国内総生産(GDP)が増え、食料を入手しやすくなったことや、食料輸入先の多様化を高評価の要因に挙げている。

東南アジアではこのほか、マレーシアが28位で上位に付けた。日本は21位だった。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【識者の見方】ベトナム企業の評価、実態以上 東南アジアのM&A事情(上)(01/24)

新型コロナウイルス、新たに2人の感染確認(01/24)

腐敗認識指数、ASEANは5カ国で改善(01/24)

陸海の国境でも検温実施、新型肺炎対策で(01/24)

12月インフレ率0.8%、運輸上昇 19年通年は3年連続プラス(01/24)

シンガポールでも新型肺炎、武漢市の中国人男性(01/24)

豊田通商、コネクテッドサービスで新会社(01/24)

通信2位と3位、共同で5G入札に参加(01/24)

ベルーナ、医療人材紹介会社を買収(01/24)

デリーに健康複合施設の計画、200億ルピーで(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン