任天堂スイッチ、現地大手通じ再挑戦

【北京共同】任天堂は10日、中国でゲーム機「ニンテンドースイッチ」の販売を始めた。同社は中国市場を攻略できておらず、現地IT大手の騰訊控股(広東省深セン市、テンセント)を代理店として再挑戦する。 価格は2,099元(約3万2,000円)と、中国の相場では性能の良いスマート…

関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: IT・通信メディア・娯楽


その他記事

すべての文頭を開く

鴻海、中国の生産比率70%に引き下げ(18:28)

新規感染102人、計5万5497人(13日)(20:30)

パプア、華為のデータセンター欠陥で返済拒む(18:16)

【アジアインタビュー】日立、中国の昇降機事業を深化 保全サービス注力、工場を一層活用(17:51)

テイクオフ:鶏が先か、卵が先か――…(08/13)

鴻海、3Qは2桁減収へ コロナからの完全回復はまだ(08/13)

東芝、家電事業を再始動 21年に新工場で生産開始予定(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン