任天堂スイッチ、現地大手通じ再挑戦

【北京共同】任天堂は10日、中国でゲーム機「ニンテンドースイッチ」の販売を始めた。同社は中国市場を攻略できておらず、現地IT大手の騰訊控股(広東省深セン市、テンセント)を代理店として再挑戦する。 価格は2,099元(約3万2,000円)と、中国の相場では性能の良いスマート…

関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: IT・通信メディア・娯楽


その他記事

すべての文頭を開く

天津市のGDP、19年は4.8%成長(01/24)

児玉化学工業、江蘇子会社売却し中国撤退(01/24)

新型コロナウイルス、4人目の感染確認(07:50)

韓国で2人目の新型肺炎感染者(01/24)

陸海の国境でも検温実施、新型肺炎対策で(01/24)

海外ツアーを中止、肺炎受け27日から=中国(00:04)

新型肺炎の死者41人、発症ほぼ全土に(01/25)

湖北省全域への渡航中止、日本外務省が勧告(01/24)

新型肺炎の死者25人に、湖北以外でも(01/24)

極楽湯、新型肺炎受け武漢施設を臨時休業(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン