インフレで賃上げ求める声、国会に相次ぐ

ラオス国会事務局は、6日閉幕した第8回通常国会の会期中、一般国民から公務員の賃上げを求める声が相次いだことを明らかにした。コメの値上がりなどに伴い、インフレが進行していることが背景にあるとみられる。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が10日伝えた。 事務局によると…

関連国・地域: ラオス
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

腐敗認識指数、ASEANは5カ国で改善(09:50)

19年の訪問客は14%増、中国人がけん引(01/27)

ラオス航空、熊本への就航を再延期(01/27)

新型コロナウイルス肺炎、政府が警戒強化(01/24)

国家経済研は自主的に研究を進めよ=首相(01/23)

インフレ進行に警戒高まる、12月は6.28%(01/22)

ラオス初の野球リーグ戦、韓国支援で開催(01/21)

ラオス人学生の海外留学、昨年は2割減(01/20)

中老鉄路の要員採用、応募者の条件を発表(01/17)

明電舎、越の配電盤社に出資 日越でメコン電力安定供給を支援(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン