WA環境局、CO2排出実質ゼロ強制を撤回

西オーストラリア(WA)州政府の独立機関であるWA州環境保護局(EPAWA)は9日、州内の大規模な資源開発プロジェクトに対し、二酸化炭素(CO2)の排出を実質ゼロに強制する提案を撤回した。同州の資源業界は、EPAWAが3月に発表した提案に強く反対していた。地元…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアで、新型…(08/05)

VIC州、25万人一時帰休も 小売・建設業の打撃必至(08/05)

VIC州、隔離対象者の監視や罰則強化(08/05)

豪企のコロナ対策順守、ゲノム解析で追跡も(08/05)

TAS州、トラベル・バブル計画を延期(08/05)

ANA、シドニー週3便を10月1日まで延長(08/05)

シェルがWA炭素回収企買収、排出ゼロへ(08/05)

豪製造企、リチウム電池開発で政府補助受給(08/05)

豪科学機関と米航空、水素燃料の利用を模索(08/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン