• 印刷する

デモ見学ツアーが登場、催涙弾現場にも遭遇

「リアルな香港」の魅力を紹介する地場の旅行会社「ホンコン・フリーツアーズ」は、抗議活動の現場に案内する見学ツアーを催行している。外国人観光客だけでなく香港住民も参加できるという。サウスチャイナ・モーニングポストが伝えた。

同社の代表は見学ツアーを始めた動機について「香港で今起こっていることを人々に伝えたい」と説明。「全てのツアーが参加無料で、運営は寄付に頼っている」と述べた。

同代表によると、10月4日に第1回を催行、既に第4回まで実施。これまでに香港島・銅鑼湾(コーズウェーベイ)や九龍で行われた抗議活動に2~17人のグループを連れて行った。参加者は米国と英国からの旅行者が大半を占めている。

ある土曜の午後に香港島・ビクトリア公園付近で開催されたツアーには、英国人と米国人の教師2人が参加。この日は見学ツアー開始から初めて警察が催涙弾を発射する場面に遭遇。2人とも目やのど、肌にもその効果を実感したと話し、警察が催涙ガスを発射したことに驚いた様子だったという。


関連国・地域: 香港
関連業種: 観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:職場で朝、パソコンを開…(01/24)

新型肺炎、市場はまだ静観 流行長期化すれば経済に打撃(01/24)

香港系高層コンド、首都で第2期開発を始動(01/24)

日系企業の4Q業績悪化進む、見通しは横ばい(01/24)

新型肺炎への対応など紹介、領事館職員(01/24)

香港の中国化進めば追加格下げも、フィッチ(01/24)

仮想銀行、2人に1人が利用意向=VISA(01/24)

反落、新型肺炎拡大に警戒感=香港株式(01/24)

バーバリー、香港店舗の閉鎖計画なし(01/24)

日式食べ放題の大喜屋、上場ヒアリング通過(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン