• 印刷する

デモ見学ツアーが登場、催涙弾現場にも遭遇

「リアルな香港」の魅力を紹介する地場の旅行会社「ホンコン・フリーツアーズ」は、抗議活動の現場に案内する見学ツアーを催行している。外国人観光客だけでなく香港住民も参加できるという。サウスチャイナ・モーニングポストが伝えた。

同社の代表は見学ツアーを始めた動機について「香港で今起こっていることを人々に伝えたい」と説明。「全てのツアーが参加無料で、運営は寄付に頼っている」と述べた。

同代表によると、10月4日に第1回を催行、既に第4回まで実施。これまでに香港島・銅鑼湾(コーズウェーベイ)や九龍で行われた抗議活動に2~17人のグループを連れて行った。参加者は米国と英国からの旅行者が大半を占めている。

ある土曜の午後に香港島・ビクトリア公園付近で開催されたツアーには、英国人と米国人の教師2人が参加。この日は見学ツアー開始から初めて警察が催涙弾を発射する場面に遭遇。2人とも目やのど、肌にもその効果を実感したと話し、警察が催涙ガスを発射したことに驚いた様子だったという。


関連国・地域: 香港
関連業種: 観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスの影…(08/12)

中国企業の香港重複上場加速 年内最大9社、米中対立激化で(08/12)

新規感染者33人、7月15日以来の低水準(08/12)

無料PCR検査に500万人、政府高官見通し(08/12)

公共交通機関のPCR検査、対象を拡大(08/12)

現職立法会議員の任期1年以上延長、全人代(08/12)

香港日清、野菜事業拡大へ地場企業に出資(08/12)

反発、主力株とカジノ株がけん引=香港株式(08/12)

マニュライフ香港、2Q新業務価値は13%減(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン