中国銀聯、非接触型とQR決済で顧客拡大へ

中国の決済サービス大手、中国銀聯(チャイナ・ユニオンペイ)は、ミャンマー国内でのユニオンペイカード利用者を増やすため、非接触型決済サービスの拡大とQRコードを使った電子決済システムの導入を促進する方針だ。ミャンマー・タイムズ(電子版)が6日伝えた。 同社の海外…

関連国・地域: 中国ミャンマー
関連業種: 食品・飲料金融IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

EUが声明、ラカイン問題への対応を要請(22:20)

商業不動産賃料は上向きに 娯楽・体験型施設が後押し(01/28)

【日本の税務】海外赴任中の出産について(01/28)

与党主導の改憲案、ようやく議会提出(01/28)

投資委、発電所など7件を認可(01/28)

タイ卸売りマクロ、ヤンゴンで3月に1号店(01/28)

来月開催のモーターショー、15ブランド出展(01/28)

飲料業界が一番人気=ジョブネット調査(01/28)

グランプリ、ヤンゴンで自動車ショー開催(01/28)

10~1月の対中貿易、40%増の20億ドル(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン