• 印刷する

テイクオフ:昼前のオフィスに同僚の…

昼前のオフィスに同僚の女性たちの黄色い声が響いた。ねずみでも出たかと思ったら、「かわいい!」「どこから来たんだろう」。集まって窓の外にある何かに夢中になっている。つられてのぞいてみると、モフモフの白い毛の動物が2匹、どこかに連れられていく。つぶらな瞳に長い首、アルパカだ。

なぜこんなところにアルパカがいるのか。昼食をとろうと向かったレストラン街で答えを見つけた。新装開店した飲食店の軒先で、客寄せパンダならぬ客寄せアルパカとなっていた。

中国ではイベント時に動物をレンタルすることは珍しくないようで、上海の動物レンタル専門店ではアルパカを1匹5,000元(約7万7,200円)で貸し出しているという。広告には「誕生日パーティーやクラブに最適」とある。これから始まる忘年会シーズン、居酒屋でアルパカを見られる日が来るか。(佳)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

9月の製造業PMI、0.5P上昇の51.5(09/30)

イオンクレアジア、中間決算は2割減益(09/30)

新型コロナ感染者、515人に(10/01)

牛肉の中国向け輸出、政府が準備に本腰(10/02)

テイクオフ:ほぼ漢字だけが並ぶメニ…(10/02)

中国でコンビニ倍増へ、30万店に(10/02)

レアアース中国依存低減へ、米大統領令(10/02)

プロトンの新SUV、発売前に予約4千台超(10/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン